月例山行(5月)

愛鷹山系 (越前岳~黒岳)
5月27日(日) 
十里木P→越前岳→分岐→黒岳→山神社P

十里木、山神社Pに各々車を置き、回送しました。 
アシタカツツジは所々では満開の花も見れたが開花が早く、
落花が激しかった。黒岳まで進み、そこで昼食とした。
黒岳では絶滅危惧種のサンショウバラの5m位の樹木に美しい
花が多く咲いていて皆喜んだ。

頂上では雲がかかり、富士山が望めず
愛鷹②

越前岳登り途中の展望台にて
愛鷹①

越前岳~黒岳稜線では、”アシタカツツジ”が咲き誇っていました
愛鷹⑤

愛鷹⑧

黒岳への登り
愛鷹⑦

黒岳山頂で咲くサンショウバラ
愛鷹⑨

個人(竜爪山)

「竜爪山」  トレーニング山行に行ってきました。
5月20日(日)

天候も良く、絶好の登山日和でした。
山頂は、ゆららのイベント登山講座のパーティや多くの登山者で
賑わっていました。

ゆららの登山講座講師の望月将悟さん&OB会員と一緒に
竜爪1

賑わう山頂風景
竜爪2

個人(富士山

富士山  富士宮5合目より
5月16日(水)

5月にしては、暖かく風も弱く絶好の登山日和でした
とにかく例年より雪が少なく
雪の上を歩いたのは、8合目の小屋を過ぎてからでした

頂上奥宮で「村口 徳行氏」(中央)と偶然お会いし、
ご一緒に写真を!
ご存じのとおり、「村口 徳行氏」は日本を代表する、山岳カメラマン
エベレストには、既に7回登頂
「エベレスト登頂請負い業」ほかの著書があります
富士①

5合目から頂上を見上げても、雪が少ないです
富士③

8合目までは、夏道を辿ります
富士④

毎度のことながら、9.5合目からの胸突き八丁は傾斜も急になります
富士⑤

もうすぐ奥宮です
富士⑥

剣ケ峰(3,775m) 火口壁にはスキーのシュプールが多く
ありました
富士②

個人(鞍掛山

鞍掛山 478m 南加賀の人気の山
5月15日(火)

小松市内⇒トンボ池P →鞍掛山登山口→ 行者岩→ → 獅子岩  
  → 鞍掛山→舟見平→登山口分岐 →トンボ池P ⇒小松市内

鞍掛山の特長はアセビなど自生する自然が豊かな登山道と
山頂からの眺望です。 山頂からは 360゜の展望で加賀平野と
日本海を見下ろし白山も間近に見えました。
登山道の整備、指導標、避難小屋など、鞍掛山を愛する
地元の人々の努力が感じられる。素晴らしい山でした

鞍掛山 山頂より望む 霊峰白山
鞍掛①

舟見平から見える 鞍掛山
鞍掛②

月例山行(5月)

八紘嶺 1,918m
5月13日(日)   会員7名 

 例年より開花が早い”シロヤシオ五葉躑躅”を観賞
八紘嶺⑥

”シロヤシオ”と”ミツバツツジ”でピンクに新緑が混じって
とても美しいです
八紘嶺③

八紘嶺山頂にて
八紘嶺①

安倍峠から八紘嶺は明るい稜線です
八紘嶺②

八紘嶺④

個人(袈裟丸山

袈裟丸山 1,878m   ”群馬県”
5月10日(木)


静岡IC⇔北関東道⇒太田藪塚IC⇔R122⇔沢入⇔
   折場登山口P⇔賽の河原⇔小丸山⇔袈裟丸山

アカヤシオの大群落が山を赤く染めるという袈裟丸山へ
袈裟丸山の春の到来は例年に比べ早かったようです。

標高の高い小丸山近辺には遅咲きのアカヤシオ、
低いところには早咲きのシロヤシオ、ミツバツツジの饗宴を
楽みながら快適な山歩きができました。

前日に降った雪が所々に残り、当日も霙交じりの雨が降る寒い日
でしたが、下山するころには青空が広がってきました。
前袈裟丸山から奥袈裟丸山~皇海山~庚申山へ続く稜線、
日光白根山などの山々が間近に望めました。

袈裟⑬

”シロヤシオ”はこれから見頃を迎えます
袈裟⑫

往復(休憩含め)約6時間のコースです
袈裟地図

前袈裟丸山~後袈裟丸山~皇海山~庚申山へと続く稜線です
袈裟⑩

生憎頂上では、小雪交じりの曇天で視界はありませんでした
晴れていれば、南面に 赤城山、浅間山が見えるのですが・・・・
袈裟⑦

以下に、約10枚の写真をUPしています
下の”続きを読む”をクリックして下さい

続きを読む»

個人(杉村岳

村杉岳 1,534m 奥只見湖近く 
5月4日(金)~5日(土)

5/4  富士IC⇒関越道⇒小出IC⇒スキー場
5/5  ⇔上大鳥端6:34⇒取付き地点⇔1250m点⇔1395m点
     ⇒村杉岳山頂    ⇒小出IC⇒富士

今年は雪が少なかったため非常に大変な山行になりました。
4月中旬までの藪が雪に埋もれている時期に行くのがベスト。

満開のユキツバキは強靭で行く手を阻みます。何処かに
藪の薄い所は無いかと探しますが全くありません。

雪が出てきたので、藪の中に入りと繰り返します。
途中でアイゼンを付け、赤布もあるだけ使いました。

1395m地点、ここは360度の大展望です、振り返れば尾瀬の山々
奥只見湖、荒沢岳、中野岳~越後駒、手前に守門と会津の山々でしょう。

下山では雪の上の足跡をひろい、赤布を回収して下りました。

3時間歩きの林道 まだまだ雪があります
0537林道の雪①

赤布を付けながら登ります
0728赤布を付けながら登る①

ゆきつばき
0758ゆきつばき①
藪のなかに”イワウチワ”
1033藪の中にイワウチワ①

11:30 崩れそうな雪庇
1123崩れそうな雪庇①

村杉岳山頂を目指す
11401395㍍から杉村岳山頂を目指す①

11:40 山頂まであと少し・・・
1142山頂まであと少しだけど・・・①

やっと村杉岳の丸い山頂です。標識は無いということなので作って行きました。
1253荒沢岳~越後駒と中の岳、手前は未丈岳①
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「こまくさ会」へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
fc2カウンター