FC2ブログ

個人(会津駒ケ岳)

会津駒ケ岳 2,133m  奥会津の名山
6月19日(火)
  桧枝岐⇔林道登山口⇔水場⇔駒ノ小屋⇔会津駒ケ岳
      ⇒R352・121・400⇒西那須野塩原IC⇒東北・圏央⇒静岡

下山後、帰静する為、山頂までのピストンとしました
登山道は非常に良く整備されており地元(桧枝岐)の方々の
山への愛着が伝わってきます。
広葉樹林帯の急坂を550m登ると道半ばの水場に着く。 
さらに1時間半で駒の小屋に着くが、手前から湿原には
多くの残雪が残っており、残念ながらお花はこれから
頂上からは、間近に尾瀬の山、越後三山、南に日光白根、男体、
女峰山と展望は素晴らしい。

会津駒地図

会津駒ケ岳の頂上部  登山道には残雪があり木道は隠れています
会津駒4


2m以上のりっぱな山頂標識です
百名山で村の名前が記されているのはこの山だけでしょう
会津駒1

南には群馬県、栃木県の山々が一望できます
会津駒2

尾瀬の山々が間近に見えます
会津駒15


会津駒ノ小屋へ向かう木道です
雪が消えたばかりで、残念ながらお花はまだでした
会津駒3

山頂への道には雪がたっぷり残っていました
会津駒5


続いて約10枚の写真を掲載しています
下の ”続きを読む” をクリックして下さい


 


1Kmごとに標識が立てられています
会津駒6

前半は広葉樹林帯の急登が続きます
会津駒7

ここの階段は木枠の中に石を敷き、土砂の流出も防いでいます
会津駒ケ岳は桧枝岐村の、”おらが山”という愛着がいたる所で感じます
会津駒8

高度1,800mあたりから、残雪が出始めました
会津駒10

会津駒ケ岳から北へと延びる ”中門岳2,060m”です
会津駒9


「会津駒ノ小屋」  充分に日帰りできる山ですが、駒ノ池周辺に
お花が咲く頃、泊まってゆっくりするのも良いでしょう
会津駒11

ショウジョウバカマ  雪が残っており、他にお花は少なかったです  残念・・・・
会津駒花⑪

駒ノ池はまだ雪に埋まっていました
会津駒13

越後駒ケ岳です
会津駒16





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「こまくさ会」へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
fc2カウンター