FC2ブログ

個人山行(東北

白神岳森吉山秋田駒ケ岳
(東北:青森、秋田の二百名山)
7月23日(日)~26日(水)


静岡市から青森・秋田県はそうヒョイと行けるものではない。
二百名山の三山は登りたく、車で往復約2,000km走った。

梅雨前線の影響で大雨に見舞われ、秋田自動車道通行止め、
河川氾濫で避難指示が出ている中、東北地方へ向け出発した。

ところが梅雨前線が南下し始め、登山の3日間とも雨に会わず、
眺望の良い山並みを仰ぐことができ,本当にラッキー!!

7/23(日) 5:00静岡IC⇒東北道⇒大館⇒能代⇒17:00白神山荘
7/24(月)→蟶山→白神岳→大峰岳→崩山十二湖 ⇒(車)⇒
        能代⇒阿仁前田⇒こめつが山荘(泊)
7/25(火)⇔一ノ腰⇔森吉神社⇔阿仁避難小屋⇔森吉山
        (車)⇒田沢湖キャンプ場(泊)
7/26(水)→(車)⇔アルパこまくさ⇔(バス)⇔8合目⇔秋田駒男女岳
       周回 →盛岡IC⇒東北道⇒静岡IC

東北地方

白神岳山頂(1,232m)
海抜0mから登るブナ原生林「世界遺産」の山。 
白神⑫

白神岳ピストンだけではもったいないので、北へ延びる
十二湖コースを縦走しました。 9時間半の長い行程でした
白神地図
 
白神山地の広大な”ブナ原生林”は日本にわずかに残された
原生自然です。      
白神④

「ツリガネニンジン」 最盛期でした
白神ツリガネニン

森吉山(1,454m) 堂々とした山容で、独立峰の美しさを
そなえた秋田の名山でした
森吉⑩

「こめつが山荘」から、標高差にして約650m  一ノ腰を越える
ピストンコースを選びました
森吉山①

「一等三角点」だけあって、山頂からは360度の大パノラマが
広がっています。 北は白神山地から岩木山 東に八幡平と
岩手山遠く早池峰、南は秋田駒 そして鳥海山と・・・・
森吉⑨

「ハクサンシャクナゲ」
森吉ハクサン

「キンコウカ」 湿地に多く、最盛期でした
森吉キンコウカ

秋田駒ケ岳山頂(1,637m)
山頂部はカルデラを形成する外輪の山々で囲まれているが、
一番標高が高い「男女岳-おなめだけ」に登りました
秋駒⑪

8合目まではマイカー規制のため、バスに乗り、男女岳を周回
する最短の3時間コースを歩きました。
下山後、静岡まで約750kmを走らねばならず、長居できず残念
秋田駒①

阿弥陀池の後方に「男岳」「女岳」
秋駒⑨

「タテヤマリンドウ」
秋駒タテヤマリン

「エゾツツジ」 最盛期は過ぎていたが、秋田駒には多い花です
秋駒エゾツツジ

続いて、約30枚の写真をUPしています
下の「続きを読む」をクリックして下さい
白神岳
「白神山荘」 白神の山と自然をこよなく愛する、西口さんが営む
ガイドハウス。 登山客のみ宿泊でき、貴重な情報を提供頂ける
白神⑩

地元の海の幸、山の幸にこだわり、手料理8品で、もてなして
くれました。ミズの塩昆布和え、緑豆の豆腐、ワカメソーメンの
三杯酢和え、根曲竹と野菜の煮物、マグロ・タコ・イカのお造り、
茹でイカのワサビ和え、ジュンサイの味噌汁、油揚と野菜の味噌煮
漬物、秋田こまちのご飯
とても美味しい味付けで、全員が完食しました
白神⑪

車で約5分登ったところに、トイレ、休憩できる立派な建物があり
駐車も約100台可能と広い
白神①

登山道口 ここから樹林帯に入る
白神②

白神山地は、自然保護運動もあって、1万7,000haという広大な
ブナの原生林が残されている
白神③

稜線の1.100mを過ぎれば森林限界に達し、展望が開けてくる。
頂上にあるトイレ棟が見え始める
白神⑤

避難小屋とは別棟になっている、トイレ棟
平成9年に建てられた
白神⑥

白神岳より十二湖への縦走コースを北上する
道はしっかりしているが、歩く人は少ないので、草に覆われて
いるところが多く。 ペースは捗らない
白神⑦

大峰岳(1,020m)展望はなし。  白神岳より約2時間
白神⑧

十二湖へ降り立ちました
白神⑨

森吉山
森吉山登山の絶好のベース「こめつが山荘」
山荘手前の林道を”コグマ”が横切る。 さすが熊さんのメッカです
森吉①

登山口からは、しばらくスキー場に沿って歩く
森吉②

標高1,300m地点に、森吉神社と避難小屋が建っている
森吉③

前岳にある森吉神社の御神体の冠岩
森吉④

地糖に高山植物が咲き乱れています
森吉⑥

阿仁避難小屋  頂上まであとわずかです
森吉⑦

山頂からは360度の大パノラマが広がっています
森吉⑧


秋田駒ケ岳
麓の田沢湖キャンプ場のキャビンに宿泊しました
秋駒①

バスの停車場”アルパこまくさ”
マイカー規制のため、ここからバスに乗ります 片道620円
温泉が併設されており、帰途ここで汗を流しました ¥520
秋駒②

8合目登山口でバスを下ります
標高はすでに1,300mです
秋駒③

硫黄鉱山跡 かなり崩壊が進んでいます
秋駒⑤

標高差約350mの登りです
秋駒⑥

男女岳への登り、土留用の丸太を打ち込んで
整備された階段状の道にはやや白ける
秋駒⑩

頂上から水深、日本一の湖”田沢湖”を眺める
秋駒⑧

頂上から眺める”岩手山”
秋駒⑫

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「こまくさ会」へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
fc2カウンター