個人山行(雲竜渓谷

「雲竜渓谷-日光」 に行ってきました
2月12日(日) 4:00静岡発→→21:00静岡着

冬期この時期しか見れない「氷爆」(凍った滝)
西日本に大雪の寒波が来襲し、前日の土曜日には、東名・御殿場IC
付近で車が立ち往生し、東北地方も降雪予報が出されていましたが
思い切って日帰りしました。

2/中のベスト時期でもあり、大勢の人達が見物に来ていましたが、
気温が少し高めで(といっても非常に寒い)氷爆の凍結具合がゆるい
らしく、登攀をしているのは1パーティーのみでした。

雲竜渓谷のメインエリアです  氷が堅ければこの氷柱でも登攀しているのですが・・・
雲竜⑤

最深部の「雲竜瀑」です  スケールの大きさが解ります、雪壁ですね
雲竜⑦

氷柱の裏に廻り込みます   ピッケルのピックでは氷には刺さりません
雲竜⑦-3

氷柱の裏側です
雲竜⑦-4


続いて約20枚の写真を掲載しています
下の
 > ”続きを見る” をクリックください
奥は駐車台数が少ないので、”瀧尾神社P”に停めゲートまで歩きます 約30分
雲竜①-1

駐車場のゲートにある案内板です  沢コースは不明確です
雲竜②-1

少し迷いましたが、変化のある沢コースに入ることにしました
雲竜③-1

大きいダムの脇を乗り越えると、河原に降ります
雲竜⑤-2


雲竜③-3

早くも氷柱が現われ感動していますが、まだまだ序の口です
雲竜⑤-3

雲竜⑤-4

何度も渡渉しますが、滑って落ちれば一大事です 濡れた靴・衣服はすぐ凍ってしまいます
雲竜⑥-1

結構、急な登りもあり軽アイゼンでは無理です
雲竜⑥-2

雲竜6-3

雲竜⑦-1

雲竜④

雲竜⑦-2

雲竜⑧-3


雲竜⑧-4

雲竜⑨

氷爆の基部です。 少しだけ登りました
雲竜⑨-1

氷柱の裏に廻った景色です  この氷で”ロック-ウィスキー”を飲んだら最高でしょうネ・・ 
雲竜⑦-6

なかなか見れる景色ではありません  陽が当たると氷は青白く光ります
雲竜⑦-5

帰路は林道を歩きました  振り返ると、”赤薙山から女峰山に続く稜線”が見えます  
雲竜⑨-2
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: