個人山行(チベット・ムスタン)

「幻の王国 ムスタン」トレッキング-その③
※4編に分け掲載しています

ムスタン国の面積は、大阪府とほぼ同じ
最奥の村「ローマンタン」は人口約900名
王宮があるが、王様はカトマンズに住んでいるらしい。

5,000万年前にインド大陸がユーラシア大陸とぶつかり
海から隆起してヒマラヤができた証拠がいたる所に
見られます。 集積層、化石等どれをとっても学術的な
価値はありそうです

今回は
11/21 ツァラン→ローマンタン
11/22 ローマンタンから SAJA JONG CAVE(住居跡洞窟見学
                 LO-NIFU GUMBA(チベット寺院見学
                   を掲載しています
11/21 ローマンタンへの道
岩と砂塵のなか、チョルテン(仏塔)は景色のひとつのアクセントになります
ムスタン54


11/22 城郭に囲まれた”ローマンタン村”を北部より望む
ムスタン75

ローマンタンより徒歩で約3時間
今日はSAJA JONG CAVE(住居跡洞窟)の遺跡見学です
2,500年前、チベットのテロリストが攻めてきた時に、
村人がここに籠城して戦かったとか・・・
ムスタン63

ムスタン地図③

※次回は4回シリーズの完結編です 1/21頃にUPいたします

※続いて約20枚の写真を掲載しております
 下の”続きを読む”をクリックください
11/21朝 ロッジの女将が小麦粉を練って、チャパティを作っています
ムスタン50

昨晩泊まったロッジ前で、出発です8:00
今日は、最奥の村”ローマンタン”まで歩きます  砂塵(powder sand)には閉口しますが・・・
ムスタン51

ツァラン村麓、ツァランコーラに掛かった立派な橋です(車は通れません
ムスタン53

背が低いですが、おばさんです  皆チベットの服装ですね
ムスタン52

子牛だったと思いますが、ジープでなくホッとします
ムスタン55

ガイドの”サンタ"君です。 4年前にも、エベレスト、アンナプルナでガイドをしてくれました
日本語がさらに上達していました
ムスタン56

”ローマンタン”村が遠望できます  少し表情に綻びが・・・記念撮影です
ムスタン57

最奥の”ローマンタン”村に入っていきます 13:00
ムスタン58

11/22 今日はローマンタン村から日帰りで遺跡の見学です
城壁で囲まれた村を北から遠望する
ムスタン60

ヤクの角でしょうか・・・ 赤化しています
土砂に含まれる鉄分が酸素と結合し赤い岩になったらしいです
ムスタン61

SIJA JONG CAVE (住居跡の洞窟です)
岸壁の中は5階建てで、ですべての穴が繋がっています
ムスタン62

出入り口も人がやっと通れる広さです
ムスタン64

木の階段で上下階を登り降りしますが、昔は壁に階段を掘っていたのでしょうか??
ムスタン65

皆が集うリビングでしょうか? 大広間になっています。 高さが低く、昔の人は背が低かったようです
全部で約40世帯が暮らしていたようです
ムスタン66

背が高く、足の長い人には、この穴を通過するのは一苦労です
ムスタン68

4つの文化遺産を見学することができるチケットです
1,000Rsと少し高いですが・・・
結局2ケ所しか行けなかったです!
ムスタン76


LO-NIFU-GUMBA(チベット仏教の寺院)見学
やはり岩を掘って作られています
ムスタン69

チベットのおばさん  寺院を護っているのでしょうか・・・
ムスタン71

岩穴でできた寺院の内部です
ムスタン72

帰りは馬に乗って・・・と思っていましたが・・・残念ながら別のトレッカーに予約されていました
ムスタン73

ということで、JEEPをチャーターすることにしました
三菱車のパジェロです   料金は7,200Rs
ムスタン74
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: