Mt.キナバル登山-その②

Mt.キナバル(4,095m)に登ってきました②

4/20(水) 今日は、キナバル山の登山基地である公園事務所(1,564m)
       から、送迎バスで登山ゲート(1,866m)まで行き、そこから自力で
       ペンダント小屋(3,280m)まで、標高差約1,400m(距離にして6Km)
       の登りです

3,100mあたりです。 森林限界が近くなり、上部にキナバル山の岩峰群が見え始
めました.。11:50分なので、通常であればガスが湧きあがり、雨が降り出す頃です
が、今日はすっきりと晴れ渡ってます。 ラッキー
登山⑳4

食虫植物 ”うつぼかずら”(現地名-Layang-Layang)です
瓶形の袋をもち、中に消化液を貯え、その中に落ちた昆虫などを養分としています
登山⑮

引続き写真を約20枚掲載しております
下の 続きを読む>をクリックしてください
4/19(火)に宿泊した、キナバル公園内にある”ピーク・ロッジ”です
コテッジ風で寝室が2部屋、キッチン、広いリビングルームがあり非常に広く快適でした
登山②

朝7時にロッジのテラスから仰ぐキナバル山です
すっきり晴れ渡り、本日の好天が期待できます
登山①2

ロッジまで車が迎えに来てくれ、公園本部のレストランで朝食です
登山③

こちらでの食事はバイキング形式で、ついついお皿に盛り過ぎてしまいます  これは前日のヂィナーです
登山①4

公園本部からのキナバル山です
登山⑤

公園本部から送迎車で約10分 ティンポホン登山ゲートです
ここからいよいよ、本格的な登山になります
登山許可のカードを首からぶら下げています
登山⑥1

チェック・ポストがあり、事前に入山許可がなければ絶対に通れません
1日で許可されている登山者数(ガイド込み)は130人です 
同じ世界遺産でも、どこかの山と大違いですネ!!
登山⑥2

登山のスタートです。  やはり熱帯雨林で樹木が生い茂り、直射日光が当たらず、それほど暑くないです
登山⑫2

少し急なところは、階段が設置されており手摺りも付いています
驚いた事に、材木種は、日本で仏壇などに使われている”黒檀”です
登山道の階段では世界一高価でしょうか・・・・
登山⑫

我々のパーティ-にはガイドが1名付き、ポーターは雇わず、自分の荷物は
背負いました。 と言ってもシュラフは小屋に備わっており、荷物はシュラフ
シーツ、防寒具、雨具と水、少しの食料程度でしょうか
それと、あらゆるアクシデントを想定し、薬品類、救急用具は多くの種類を持参しました
登山⑫3

発電機を歩荷するポーター
ここキナバル山は天候が不安定なのと、雇用促進の為、荷揚げはヘリを使わず
全ての機材・食料等を人が荷揚げします
登山⑪

キナバル山の花 ”キナバル バルサム” -ホウセンカ
登山⑧

キナバル山の花 ” 木性ベゴニア”
登山⑰

キナバル山の花 ”セイタンラン”
登山⑱

シダ類が絡み合い、いかにもジャングルのようです
登山⑩

1Kmごとに東屋風の休憩所があります-水洗トイレも完備
少しガスってきて心配しましたが、この時だけでした
登山⑬

0.5Kmごとに標高が記されている標識が立っています
登山⑭

両手に花です。 女性ポーターは山小屋で出される食材を担いでいる事が多いです
登山⑭1

公園事務所で用意頂いたランチです(チーズサンド2個、茹で卵、クッキーです) 結構ボリュームあり
登山⑬1

食虫植物”うつぼかずら” 長さ15cm程度で、だんだん小振りになってきているらしい
登山⑯

森林限界も近く、キナバルの岩峰群がすっきりと見え始めました
雲もきれてきて、午後からの雨の心配も無いようです
登山⑳

本日宿泊する、PENDANT HUT(3,280m)  2段ベットで1部屋8人でした
食事は少し下にある”Laban Rata Resthouse”に行きます
登山⑳5

”Laban Rata Resthouse”の食堂 100人位が一度に食事(バイキング)できます
登山⑳②

”Laban Rata Resthouse”のテラス。紫外線を気にしながら、ゆったりと寛いでいます
登山⑳6
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: