個人山行(尾瀬)

尾瀬 (至仏山、燧岳)
4/27~29


尾瀬と言えば6月の”水芭蕉”ですが、雪の尾瀬ヶ原、尾瀬沼も見たく
テントを担ぎ、鳩待峠より山の鼻に入りました


4/27(月) 戸倉で鳩待峠Pは満車の案内でしたが、突っ込んだ結果
       ラッキーにも鳩待峠Pには空きがありました
       鳩待峠15:00発→山ノ鼻着16:00着
4/28(火) 山の鼻テント場発5:00→燧岳着11:15
       朝陽の至仏山を背に出発。尾瀬ヶ原は一面の雪。真正面の燧岳は近くて遠い
       踏み跡がなく、少し沈む雪面にTOPは苦労するが高度を上げて行く
       頂上直下300mは地肌が出ている。 群馬・栃木・新潟の山々360度の展望です
4/29(水)  山の鼻テント場発6:00⇔至仏山頂着9:00
        続々と小至仏経由で頂上へ、かなりの混み具合です
        下りはスキー、ボード(尻セード)滑降に絶好のゲレンデです
        下山後はテント場でゆっくりランチをし、鳩待峠に戻りました 

至仏山頂(2,228m)より燧岳
尾瀬14

燧岳山頂(2,356m)より至仏山
尾瀬2


尾瀬13
      
山の鼻まで約1時間の行程ですが、久しぶりに大きなザックでヨタヨタしてます
尾瀬④

4/28 まもなく燧岳の右肩から、朝陽が昇ってきます
尾瀬1

am5:00 燧岳に向け出発。  尾瀬ヶ原は一面の雪原です
尾瀬⑦


 燧岳まで5時間、直下でハイマツ漕ぎもあり・・・長かった
尾瀬⑧

生ビールで乾杯!(見晴の桧枝岐小屋で) 
まだ尾瀬ヶ原を約1時間半歩かなければならないのですが、我慢できません
尾瀬⑨

所々の湿原には水芭蕉の芽が出はじめています
尾瀬⑩

テント地に着き、再度”乾杯!” ワインの栓を開けています  今晩は寄せ鍋です
尾瀬⑤

4/29 今日も快晴です  柔らかな曲線を描いた至仏山  燧岳と対象的です
尾瀬16

適度な傾斜で、スキー、ボードにはもってこいの斜面です   下りの尻セードが楽しみです
尾瀬3

テントも5張りほどで、まだまだ静かな尾瀬でした
尾瀬15


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: