ランタン・ヒマラヤトレッキング-その③

ランタン-ヒマラヤ トレッキング-その

11/21 ランタン村⇔キャンジン・ゴンパ⇔キャンジン・リ(4,773m)
       10時にはキャンジン・ゴンパに到着。 ゆっくりランチをいただき
       12時にロッジをスタートし約750mの登りとなる
       ランタン・リルンが展望できる、キャンジン・リへ向かった。

11/22 キャンジン・ゴンパ⇔展望台(4,545m)
       →ラマホテル
       朝陽に染まるランタンリルンを見たく、ロッジを5時に出発し
       登ったが、前夜寝不足のためピッチ上がらず。 4,545mの
       展望台にて朝陽が昇ってしまう。
       ラマホテル村までの下り道は快調でした

11/23 ラマホテル→シャブルベジ
       トレッキングで歩く最終日です

11/24 シャブルベジ→カトマンズ
       バスにて約8時間の行程です。  疲れました

今回のランタンヒマールへの山旅は、7日間(バス移動日を2日含む)
という慌ただしい短い日程でした。
もう少し日程に余裕があれば、キャンジンゴンパにもう1日滞在し、
奥のランシサ・カルカへ足を延ばす
ゴザインクンドからカトマンズへのコースへも・・
次回は6~7月の緑豊かな、高山植物が咲き乱れるシーズンに是非
行って見たいと思います。(山ヒルの恐怖はありますが)



ランタンリルン(7,234m)キャンジン り③



キャンジン・ゴンパ村(ランタン谷最奥の村です)」
キャンジン村

今回のネパールヒマラヤ(カンチェンジュンガ、ランタン)トレッキング
は帰国まで約40日の長い日程でした
合計14回、2ケ月にわたりブログに掲載いたしました。。

元気であれば、また違うコース・季節にヒマラヤを訪れたいと
思っています




キャンジン村に近づき、道もフラットになってきました。
キャンジンへ①


一旦沢を渡りますが、橋のたもとに小さなゴンパが建っています
キャンジンへ②


低い丘を超えればキャンジンゴンパ村です
キャンジン村入口


キャンジンゴンパのロッジにて
ネパールでは髪の長い女性が多く、皆さん大事に手入れしています
髪結い

ロッジの娘さん(働き者です)とツーショット
ツーショット


ロッジのメニュー(奥に入れば値段もどんどん上がります)
メニュ-

早く着いたので、昼からキャンジン・リ(展望台)に登りました
途中から村を見下ろしています
キャンジン村②


途中の小ピーク4,350mからのランタンリルン峰
展望台①


リルンの右側にある ランタン・ユブラ峰(6,246m)
キャンジン リ①

ランタン氷河
氷河

復路は沢筋のルートを辿ります
6・7月は高山植物のお花畑になるそうです
キャンジン リ④


夕陽に染まるガンチェンボ峰(6,387m)
夕陽

11/22 ランタンリルンの朝焼けを見たく、5時にロッジを出発し
     小ピーク(4,500m)まで上がりました
ランタンリルン④


ランタンリルン③


ラマホテルのロッジにて
かまどはレンガと土で造られています
ロッジのかまど

ロッジの息子(大事に育てられているようでした)
ロッジのむすこ


11/23 ランドスライドロッジでパンを売っていました
     種類も多くなかなか美味しいです
パンを売ってます


右へ行けばトゥロー・シャブルを経由してゴザインクンドへ
標識

標高も1,500mまで下がれば、サボテンが生えています
サボテン


あと1時間ほど歩けばフィニシュのシャブルベジですが
ランチを摂ったロッジの女将と息子さんです
ランチしたロッジにて


1週間のトレッキングも終わり、シャブルベジのロッジに戻り寛いでいます
ロッジにて


11/24 カトマンズへ バスが故障し何か部品を交換したみたいです
バス故障


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: