カンチェンジュンガ最終編-その⑨回目/⑨(ママンケ→タプレジュン→カトマンズ))

24日間の長かった山旅も最終節になり、熱いシャワーと、
日本食を夢見ながら、病気・怪我をしない様歩きました。


11/12 ママンケ → ケセワ

11/13 ケセワ → ラリーカルカ
    3年前に、この村まで車道が開通しトラック(インド製)が入ってきています。
      これから先へどんどん路が延び、人々の生活も激変する事でしょう・・・

11/14 ラリーカルカ → タプレジュン
      時々ショートカットしますが、今日はずっと車道に沿っての歩きです
      車、オートバイに追い抜かれ、少し興ざめしました。
      トレッキングのコース設定でこの間は車をチャータ-すべきです

11/15~16 タプレジュン → パドラブル→ カトマンズ


山村の標準的な民家です
土塀の2階建てで、1階には薪を置いたり、家畜を飼ったり」しています
小さいながらも、屋根には太陽光パネルが設置されており夜の照明用に蓄電します
山村①

11/13 21日ぶりにタプレジュンに戻ってきました
     ポーター達はシャワーを浴び、着かえて別人の様でした。 変わらないのは
我々2人だけ・・・   夜に、彼らの協力に感謝するとともに慰労も込め、
ささやかですが小パーティーを催しました
      (空いたビール瓶20本!!) 良く飲み、喋りました
パーティー

9回の掲載で”カンチェンジュンガエリア”トレッキングを紹介しました。
次回は、特集として”ネパール・ヒマラヤの植物” をUPいたします

段々畑で稲の刈り取りは終わったようです
日本の風景とあまり変わりません
段々畑


かなり離れましたが、まだ”ジャヌー峰”が遠望できました
ジャヌー遠望

ケセワ村のテントサイト地です
11/13 朝の出発準備をしています
ケセワのテント地


テント地のオーナーです
な・なんと 子供が10人います。 見かけより達者です
ケセワのオーナー


ラリカルカ村まで車道が開通して、トラック(インド製)が入ってきていました。
これからどんどん車道が奥に伸びて、アンナプルナ街道のようになるのでしょうか・・・・
トラック


車道から一段上がったところがテント地です
ラリーテント地

今夜の食事は”ダルバート”です
ネパールの人達は、本当に”ダルバート”が好きで、朝・昼・夜と3食たべています
夕食

ネパールの子供は弟・妹の面倒をよくみます。
日本も昔は同じだったのですが・・・・
姉妹①

テント地オーナーの娘さん(20歳)とその息子
母子①

描かれた絵から推察すると、結婚式のメモリアル碑でしょうか?
記念碑


タプレジュンの空港
拡張工事の為、現在は閉鎖されています。 人力馬力の工事で、いつ開港するのでしょうか?
カトマンズから直接飛べば、往復で3~4日は日程が短縮されるのですが・・・
空港工事中

11/13 タプレジュン村に21日ぶりで無事戻ってきました。
     ガイド-サロジの妹の店です。 
到着!

21日前に泊まったロッジと同じですが、ホットシャワーも出ずいまいちでした。
ロッジタプレジュン

11/15 朝7時半出発予定でしたが、チャーターしていたジープのオイル漏れが
わかり修理しています。  結局40分遅れで出発できました。
ジープ修理中

タプレジュンからパドラブルまで、ジープで約10時間。 13人のぎゅうぎゅう詰めで疲れました。
コック、ポータ-達は夜行バスでカトマンズに戻るので、ここパドラブルで別れます
一見リゾートロッジのようですが、やっとホットシャワ-が浴びれました
パドラホテル

ロッジから空港まで、近いので ”リクシャ-”に乗りました。
150ルピーです
リキシャ

パドラブル空港のターミナルビルです
閑散としています
空港ターミナル

イェティ航空ですが、予想とおり出発が1時間45分遅れました
チェックカウンター

のんびりした田舎の空港です
一応、滑走路は舗装されていました
空港①


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: