ヒマラヤトレッキング-その⑩(ポカラ市街)

トレッキングは終了し、ポカラに3日間滞在しました。

39年前にポカラを訪れたのですが、当時は飛行場周辺にロッジがあるくらいで、フェワ湖レイクサイドには
ポツンとしか建物がなかったです。   リゾート観光地として発展し、その変貌ぶりには驚きました。
ここから8000m級のアンナプルナⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、サウス、マチャプチャレ、ラムジュンなどをすぐ近くに仰ぎ見ることができ、 これは世界でも有数のロケーションでしょう。
標高は800mとカトマンズよりずっと暖かく、道端にはバナナの木が生えていて亜熱帯らしい雰囲気が漂っています。
将来国際空港も計画されており外国からダイレクトに入ることが可能になるでしょう。


700.jpg
左の湖は「フェワ湖」  ボートで渡り対岸の丘1100mから、ポカラ市街を俯瞰してます。
710ポカラ風景③
カトマンズに比べ、川はきれいなので洗濯している光景をよく目にしました。


708ポカラ風景①
のどかな風景です


701山岳博物館の前
「国際山岳博物館」 ポカラの南東約5Kmの位置にありレイクサイドからぶらぶら歩いて行きました。
立派な建物で、ヒマラヤの登山歴史、地質、動植物、民族、環境などに関する資料が収集されています。


707水牛に乗って
博物館の玄関に鎮座する水牛。 うしろはセメントで造った”マナスル”です。


702エルゾークの装備
1950年 アンナプルナⅠ峰8091mに初登頂したフランス隊隊長モーリスエルゾークの靴、アイゼン等の展示です。


703マナスル登山隊装備
1956年 マナスル8163mに世界初登頂した 日本隊今西寿雄隊員が着けていた服装の展示です。


704マナスル隊天皇陛下謁見
日本のマナスル登山隊が帰国後、天皇陛下に謁見した時の写真が展示されていました。 先頭は 槙有恒隊長


705田部井淳子エベレスト
1975年 女性でエベレストに世界初登頂した田部井淳子さんの写真です。 当時35歳とっても若いですね


706野口建回収のボンベ
野口健さんがエベレスト清掃登山で回収した酸素ボンベも展示してました。


711ポカラ飛行機
1/16 ポカラの飛行場です。 39年前は舗装されていなく牧草地だったのです。 飛行機もプロペラですがルクラと
比べて大きく少し安心です。 カトマンズ⇒ポカラはバスでしたが、バスに乗る元気は無く帰りは にしました。
約40分のフライトで、85$でした。

これでトレッキングは終了しましたが、オプションツアーとしてインド国境近くに
ある野生の王国「チトワン国立公園」に行って来ましたので、次回最後になりますが紹介いたします。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: