ヒマラヤトレッキング-その⑥(カトマンズでちょっと休息)

1/2にアンナプルナBCへ出掛けるまで、12/29~1/1の間カトマンズでふらふらしていた光景です。

ネパール、カトマンズについて (第①回に続き紹介します)
気候:雨季は6月~9月前半、乾季は9月後半~5月 トレッキングの最適なシーズンは3~4月、10月~11月です
気温:カトマンズの12月は平均昼間18度、夜間3度位と寒暖差が大きく朝晩は防寒着が必要です。
時差:日本と3時間15分の時差があります。
空港:国際空港は、カトマンズのトリブヴァン国際空港のみ。 日本からは直行便がない為、アジアの主要都市を
    経由するのが一般的です。 ちなみに私は、大韓航空で静岡空港⇔仁川空港(泊)⇔カトマンズ空港でした。
通貨:(ネパール)ルピー 紙幣は 5,10,20,50,100,500,1000と種類が多いです。
    山奥、田舎に行くとRp1000を出すと、おつりの無いことがあります。 1Rp(ルピー)≒ 1円
    財布にRp1000が3~4枚入っていると、懐具合が温かく感じます。
通信:日本へ送るハガキの切手は30Rp 携帯はエベレスト方面では、ナムチェ、タンボチェにアンテナ塔が
    立っており、そこまでは通じました。 ナムチェバザールにはインターネットカフェもあります。
年始:特に日本のお正月のような行事はありません。ネパールの新年は民族によって違います。

ポタナート③
  ネパール最大のストゥーパ(仏塔)がある”ボダナート” カトマンズの東約6Km
  チベット仏教徒の主要な巡礼地となっています。



カトマンズ地図
カトマンズ市街から、各々6~7km以内ですが、タクシーを利用しました。日本のようにメーターではなく乗る前に交渉します。予めホテルで金額を聞いておきますが、運転手は日本人には最初1.5倍ぐらいの金額から言ってきます。


ポタナート②
ポタナート①

パシュパティナート③
「パシュパティナート」ネパール最大のヒンドゥー教寺院。 インド亜大陸にある4大シヴァ寺院のひとつでもある。
パシュパティナート①
橋のたもとには火葬場があり、遺灰は聖河バグマティ川に流される。

バスストップ
庶民の足「テンプー」 10人程度の乗合い小型バス。手を挙げれば乗せてくれるが、旅行者には少し乗り方が難しい

国立トリブバン大学
国立トリブヴァン大学(日本でいう東大でしょうか)の構内。 パタンへの途中にあります。

パタンの入り口
「パタン」の入口。外国人はここで入場料500Rpを支払い、チケットは首からぶら下げておく。
「美の都」と呼ばれ、むかし首都として栄えた古都。

王宮の前
  「旧王宮」歴史は古く、17世紀ごろに建てられた。

パタンの広場
パタンの中心「ダルバール広場」

次回掲載(第⑦回)からはアンナプルナBC方面へのトレッキングを紹介します。予定では⑩回まで続きます。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: