個人(那須)

晩秋の那須連峰
10月27日~28日  3名

残念ながら山上の紅葉は終わりましたが、
静かな山中の三斗小屋温泉秘湯を楽しみ,那須連峰を
周回しました。

10/27(木) 静岡⇒那須IC⇒峠ノ茶屋→峰ノ茶屋避難小屋⇔茶臼岳
            →三斗小屋温泉「煙草屋旅館」泊
10/28(金  →大峠→三本槍岳→朝日岳→峰ノ茶屋小屋→
峠ノ茶屋P⇒那須IC⇒静岡
茶臼岳では、最大風速20mの強風に見舞われ(ロープウェイは運休)
なかなかタフな山頂ピストンでした
那須②

約300m下り、2時間で三斗小屋温泉到着です
露天風呂のある「煙草屋旅館」に泊まりました
那須⑤

三本槍岳(1,917m)の頂上 一等三角点が設置されています
北は磐梯山、吾妻連峰から南へは燧ケ岳、男体山と望め、視界は
まずまず。 晴れれば富士山も見えるらしい。
那須⑧

        
           

続きを読む»

スポンサーサイト

パトロール(山伏)

みどりの道パトロール
「山伏-西日影沢コース」
10月23日(日)  会員10名 他1名

本日の作業として
①10/初 崩壊地の下部にトラバースルートを
  応急的に造ったが、その状況確認
②崩壊地の上部にバイパスルートを開拓でき
  ないか  その偵察
③ルート全体に赤布が少なくなっており、積雪期
  に向けて、赤布付け

安全確保用のロープも取り付けられ、歩きやすくなってはいる
だが、崩壊地でもあり、大雨が降ればまた崩れる可能性がある
安全かつ恒久的なルートを開拓する必要があります
山伏パト③

コース全体に赤布が少なくなっていました
山伏パト②

山伏頂上2,014m  南アルプスが良く見えました
山伏パト①

個人(富士山)

秋の「富士山」へ
9/28(水) 秋霜前線が通過し、8合目以上は強風雨
10/12(水) 少し風は強かったが、天気はまずまず

9/28 横なぐりの風雨 何も見えず、何とか奥宮までは・・・
富士山①

10/12 風は強かったが、秋晴れの富士山を堪能しました
富士山②
11/中から”ヒマラヤ・チベット”行きを予定しており、高度順応の足しになれば・・・

続きを読む»

個人山行(櫛形山

櫛形山(2,052m)
10月7日(金)   単独
コース:池ノ茶屋登山口→櫛形山(奥仙重)~裸山~アヤメ平~
     櫛形山の西側を巻く眺望コース

昨年の夏に来た時に観た植物はすっかり秋の装いでしたが
原生林の中を歩く気持ち良さはいつもと変わらず快適でした。

櫛形山

パトロール山伏

「山伏」登山道の崩壊個所点検と
   補修作業

10月10日(月) 午前中  会員2名

10月2日に「こまくさ会員」より、登山コースの一部が
崩壊しており通過に危険が伴うとの連絡を受け、
現場の確認と補修作業に行きました。

状況
個所:蓬峠2~3分手前のロープで補強している箇所で、
    約5mにわたり崩壊しており、従来の道は通行不能。
    下方5mあたりに、崩壊地をトラバースする踏み跡が
    付けられており、登山者はそこを往来している。
    崩壊地の傾斜は緩く、長くもないので大きな事故には
    繋がらないと思われるが、危険性は残る。

補修:しっかりと安心して通過出来るように、踏み跡の山側を
    削り、30~40cmの幅の道を造った(長さ約20m)
     あくまで暫定措置であり、恒久対策を講じる必要がある。
     大雨で、また崩れる可能性があり、    
     特に、積雪期に崩壊地をトラバースするのは危険。

約5mにわたり崩壊し、通行不能状態
パト下見補修前崩壊ポイント

作業前の状態
山伏パト下見補修前IMG_2564

崩壊地をトラバースする踏み跡が付いており、山側を削り道幅を広げる
山伏パト下見補修作業IMG_2567

幅約30~40cmに踏み跡を広げ、安心して通過できる道を造る
山伏パト下見補修後IMG_2579





    

続きを読む»

みどりの道パトロール

みどりの道パトロール
日本平コース(本年2回目)
10月6日(木)  会員6名参加
コース:平澤観音⇔ゴルフ場に沿い⇔頂上

台風一過の青空の下、指導標をつけたり、雑草刈などを行いました。

日本平①

日本平②






10月度月例山行(金峰山)

10月度月例山行
金峰山(2,595m)
10月1日(土)~2日(日)  参加会員5名

10/1(土) 静岡発12:00⇒金峰麓(テント泊)
10/2(日) 瑞牆山荘P⇔富士見山荘⇔大日岩⇔砂払ノ頭⇔金峰山

初日は雨を覚悟していたのに降られず、2日目は稜線に出る辺りから
雲が切れ出し青空から富士山、八ヶ岳などを楽しむことができました。
金峰山ルートはいろいろありますが、千代ノ吹上~砂払ノ頭~五丈石
~山頂へと続くこのルートが一番変化があると再確認しました。
帰途には当然”増富ラジウム温泉”に入り、汗を流しました。

金峰山頂(2,599m)  山頂、五丈石辺りは多くの登山者で賑わっていました
金峰①

近づいてくると、五丈石は迫力が増してきます
金峰④

続きを読む»

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: