穂高岳縦走個人山行(戸塚 哲)

上高地①

1日目、9月26日(木)晴
 3:35 自宅発 → 8:00 沢渡駐車場 → 8:45 上高地 → 11:05 横尾 → 14:15 涸沢小屋
穂高登山は初めてなので難所を歩く不安と、絶景を眺める期待が交叉する。沢渡には昨年バスターミナルができ、大きな駐車場もあるので、そこへの駐車がお薦め。上高地から涸沢カールまでは紅葉直前の植物や周辺の山々の景色を愛でながら順調に上る。ナナカマドの紅葉はあと1週間くらい後か。平日とあってかカールでのテントは30張くらい。小屋も40%くらいと空いておりゆっくり休めた。明日は予約が一杯だそうだ。小屋の食事はおいしかった。
岳沢①

2日目、9月27日(金)快晴
 6:30 涸沢小屋発 → 9:00 北穂高岳 → 12:20 穂高岳山荘着
今日も快晴。小屋から眺める日の出が神々しい。前穂や吊尾根の荒々しい岩山も赤々と染まってくる。素晴らしい登山が予感される。涸沢カールまでの登山者は多いが、そこから穂高方面への登山者はそれほど多くない。北穂高岳までの登山道は大谷崩の乗越までを歩くような雰囲気で、一気に登頂した。一旦下がって涸沢岳へ向かう稜線へ出ると、登山道はガラリと様相を変える。険しい岩場の急斜面のアップダウンが連続する。すでに前後に登山者は誰もいない。慎重に慎重に三点確保で進む。涸沢岳までは緊張の連続であった。しかし、四方を見渡せば、どこまでも山々が連なり、雄大な景観はこの上ない。日本の屋根を歩いている感じだ。その高度感はテレビで見る風景とは臨場感が違う。涸沢岳までくれば穂高岳山荘はすぐ先だ。小屋は混んでおらず、今日もゆっくり休めた。
北穂岳①
3日目、9月28日(土)快晴
 6:00 穂高岳山荘発 → 6:35 奥穂高岳 → 9:00 前穂高岳 → 11:35 岳沢ヒュッテ → 13:20 上高地
山小屋で同室だった72歳と66歳の三重県のクライマーと岳沢ヒュッテまでご一緒する。奥穂から先の吊尾根は無難にやり過ごしたが、前穂高岳までの岩場は急傾斜の難所の連続で気を抜けない。紀美子平まで来るとほっとする。前穂高岳では360度の景観を心行くまで楽しむ。空は青々と澄み渡り、視界はどこまでも広がる。重太郎新道も気は抜けない。途中の細尾根で左側のハイマツ帯を50mくらい滑落したクライマーがいた。幸い自力で登り返してきたが、後で聞いたら、かなり怪我はしたそうだ。右側の谷に滑落したら一巻の終わりだった。気を引き締めて下る。岳沢ヒュッテまでくれは一安心だ。今日は週末とあって、登山者は多い。上高地の河童橋まで来ると今日歩いた穂高連峰の山々が目に入る。厳しい登山ではあったが、充実感の残る縦走であった。
奥穂岳①

前穂岳①
スポンサーサイト

日本百高山踏破

「静岡こまくさ会員」の本間さんが、日本百高山を踏破されました。
9/12静岡新聞にその記事が掲載されましたので、紹介します。


本間さん

百高山って聞き慣れないですが具体的には、富士山を筆頭に以下の山々です。

”続きを読む”をクリックしてください。

続きを読む»

個人山行報告(北アルプス/蝶ヶ岳・常念岳 周回)

期間 : 2013年8月27日(火)、28日(水)
報告者 戸塚 哲 (単独山行)


蝶ケ
蝶ケ岳より穂高連峰を望む

常念
常念岳山頂にて


コースタイム
8月27日(火)
3:50自宅発(静岡市駿河区) → 7:50三股駐車場着 → 8:05登山開始 → 8:20三股 → 
9:50まめうち平 → 12:35蝶ヶ岳着 (蝶ヶ岳ヒュッテ泊)
8月28日(水)
5:50蝶ヶ岳ヒュッテ発) → 6:10横槍分岐 → 6:25蝶槍 → 8:20岩場が始まる → 常念岳
→ 10:10前常念岳 → 11:05岩場が終わる(樹林帯に入る) → 13:35三股 → 13:50駐車場着

8月27日
樹林帯は上り口から高度を上げるに従い樹種も変化し、それらの自然林を眺めるのも楽しい。勾配も緩やかで登山道も広く上りやすい。やがて頂上手前に来ると広い斜面が現れ、様々な高山植物の花が咲いていた。頂上の稜線に出ると、蝶ヶ岳ヒュッテが現れるとともに、穂高連峰の全容が眼前に現れた。その迫力に圧倒される。ここは穂高連峰の眺望には絶好の地形だ。今回の登山中は晴天に恵まれ、四周の巨大な山塊を十分堪能でき素晴らしかった。
8月28日(水)
蝶ヶ岳ヒュッテは100人くらいの宿泊客がおり、徳沢方面や三股へ降りるハイカーもいたと思われるが、その多くは常念岳方面へ向かうと思われた。6:00頃多くの登山者と共に出発したが、いつの間にか前後に人はいなくなり、一人での山歩きになった。蝶槍や小高い峰で後ろを見ても誰もいないので、道迷いしたかと不安になるが、やがて常念岳からの登山者に会うようになり安心する。樹林帯歩きは樹木の好きな自分にとり楽しい歩きだ。所々で視界の広い場所が現れ、前後左右の景観がすばらしい。やがて常念岳に近づくと樹林帯も終わり、岩場の上りとなる。岩に付けられた赤丸印を頼りに上るが、時々間違った方向へはいりかけ、戻っては修正した。今日は晴天なので正規の道をすぐ発見できるが、雨や濃霧の時は注意を要する。前常念岳の入り口に「のこ登山道は厳しい岩の下りが連続しており、遭難者も多いので、体力に自信のない人は入らないで下さい」と看板が出ていた。確かに、大きな岩が連続しており、一歩一歩に緊張を強いられた。常念岳上りから前常念の下りまで約2時間30分の岩場の歩行であった。樹林帯へ出るとほっとしたが、三股までの下りは長かった。苦労もあっただけ、今回の登山は北アルプスの自然に触れることができ楽しい山行であった。
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: