個人(大佐飛山

大佐飛山(1,908m)栃木県おおさびやま
4月20日(金)
『この山の最大の魅力は、大長山の先に
突然現れる真っ白でどこまでも続くような雪の回廊(天空回廊)につきるでしょう』

この文章を読んでから是非とも行って、見て、歩いてみたい、
と思ったが、毎年のびのびになっていました。

「案ずるより産むがやすし」と言うように、大変だけれども登って
みれば6時間の予定を5時間半で行けたのだから、私の年齢
を考えれば上出来。

部分的に藪に覆われた夏道を 通り、ほとんどは雪堤を行きますが、
危険な個所が無いのは幸いでした。
春霞がかかり那須連山はうっすらとしか見えません。

大長山から樹林を抜けると目の前に『雪の回廊』が現れ、大感動でした
1002左に大佐飛山が見える

大佐飛山山頂   大長山から55分です
1055大佐飛山到着 

大佐飛山地図①


登山口、いきなり梯子です
522新登山口梯子
残雪から藪を漕ぎ黒滝山山頂
816残雪から藪を漕ぎ黒滝山山頂

藪を抜けて西村山へ
843藪を抜けて西村山へ

大長山へ向かう
904大長山へ向かう

朝の蕾が花開く
1532朝の蕾が花開く

三等三角点百村山
1559三等三角点百村山



スポンサーサイト

個人(大札山

大札山

”アカヤシオ”が咲きました
やはり暖かい日が続き、例年より開花は早いです
が・・・今年は花数がいまひとつです

大札山②

大札山①

大札山④

大札山③


4月月例山行

4月月例山行
桃の里奥山コース山梨県)
茶臼山、二本木山、なっとう箱山、達沢山、旭山
4月8日(日)

コース: 新静岡IC⇔新富士IC⇔R139⇔R137⇒茶臼山登山口P
       茶臼山→大沢山(1,042m)→二本木山←ナットウ箱山
        →達沢山(1,368m)→旭山(842m)→ももの里温泉

登山口まで&下山口からは、見渡す限り桃の花が満開の桃源郷でした
やはり、このコースを周回する人は少なく、大沢山~ナットウ箱山間は
 ほとんど踏み跡もなく地図読みが求められます


4月8日月例地図①

ナットウ箱山山頂(1,412m)  ここでランチしました
4月8日月例①

遺跡博物館の花桃
4月8日月例⑨3

大沢山への登りです
檜が間伐され、明るい林が続きます
4月8日月例④

下の”続きを読む”をクリックしてください
つづいて6枚の写真をUPしています

続きを読む»

個人山行(能郷白山)

奥美濃の盟主
能郷白山(1,617m) 二百名山
4月5日(木)
  静岡IC⇔一宮木曽川IC⇔R157⇒能郷谷P⇔登山口⇔前山
     ⇔能郷白山  

R157の林道が開通する6月以降は、温見峠からの短いルートを
登ることが多いが、積雪期は根尾村から能郷谷を経由し
尾根に取り付く昔からの長い道のりになる。

天気も良く、暖かい日でしたが、トレースは消えており
予想通り11時間の長い行程でした
結局、今日1日は他の登山者には誰にも会いませんでした
能郷98

能郷白山頂上(1,617m)
最後の登りが急斜面でしたが、頂上は台地状で広々してます
能郷93

”白山”が間近に見えます  その左に”荒島岳”が近いです
天気も良く、”御嶽””乗鞍””北アルプス”と展望は良かったです
能郷95

標高1,000mあたりで”イワウチワ”の群落に出会いました
能郷96

"加賀白山"開山の翌年、養老2年(718年)
僧泰澄によって開かれたと言われています
能郷1

下の”続きを読む”をクリックしてください
追加で写真を10枚UPしています

続きを読む»

個人山行(安達太良山

安達太良山 (1,699m)
3月30日~31日

1日目:静岡IC⇒二本松IC⇒奥岳P→勢至平→くろがね小屋(泊)
2日目:→峰ノ辻  ⇔鉄山(1,709m) →安達太良山→薬師岳
      →奥岳P⇒二本松IC⇒静岡IC

天気さえ良ければ、スノーハイキングが楽しめるエリアです
2日とも、これ以上はないという快晴・無風の天気に恵まれました。
1度は泊まってみたかった「くろがね小屋」でした
小屋裏から引いた温泉は、白濁して硫黄の臭いがプンプンする
秘湯です

安達太良山頂(乳首山)-1,700m安達太良17

「県営くろがね小屋」
宿泊は我々を含め5人。 ほぼ貸切状態でした
夕食はカレー、朝食はたっぷりの品数です
これで¥6,320と料金控えめです
安達太良8

小屋から、しばらくは急登がつづきます
安達太良10

磐梯山(1,819m)の北東面です
安達太良15


安達太良地図6

下の”続きを読む”をクリックして下さい
あと10枚の写真をUPしています

続きを読む»

個人山行(岩倉山

岩倉観音山(岩倉城址) 296m
3月29日(木)

コース:小松市内⇒ 上麦口P →登山口→岩倉観音堂→ 岩倉観音山頂
     →沢米左衛門屋敷跡→ 登山口→上麦口P⇒小松市内

石川県小松市の歴史の山 岩倉観音山(岩倉城址)に登山しました。
小松市上麦口の集落より数分の登山口から、さむらい道と称する荒れた
登山道を進むと道端に山ツバキの真っ赤な花が咲いてとても印章的でした。 

岩倉観音山の山頂は城砦遺構が現存していて、その歴史の
深さに感慨しました。また、下山路より白山を望むことができました。


岩倉観音山の山桜岩倉①

岩倉観音
岩倉2


個人山行(八ガ岳)

東天狗岳(2,640m) 八ガ岳
3月23日(金) 日帰りピストン

コース:静岡IC⇔茅野⇔渋の湯⇔黒百合ヒユッテ
             ⇔中山峠⇔東天狗岳

スローな南岸低気圧の影響で関東、甲信越に大雪を
降らしましたが、ここ八ガ岳も結構な積雪がありました。
当日は天気も回復し冬山としては登山日和で
急遽、東天狗岳に出掛けました。


東天狗岳(左)と西天狗岳(右)
東天狗7 

東天狗岳 山頂にて
東天狗4

渋の湯から橋を渡ります
東天狗9

黒百合ヒユッテ 通年営業してます
東天狗8

中山峠経由で天狗岳へ
東天狗6

先行者が多かったので、トレースはバッチリです
東天狗2

岩も雪で覆われており、歩き易いです
東天狗3

バックは、西天狗岳
東天狗5

月例山行(3月)

3月度月例山行
金時山(1,212m)&丸岳(1,156m)
3月18日(日)  会員10名

コース: 公時神社P→神社分岐→金時山→長尾山→乙女峠
      ⇔丸岳  →ふじみ茶屋P
    ※車は2ケ所のPに置き、回収しました
雪も道の泥濘も無かったので、まずまずのペースで周回できました
頂上では視界が無く、早々と降り長尾山でランチをしました。
乙女峠で時間も早かったので、南へ足を延ばし、
外輪山の丸岳までピストンしました。

金時山頂 生憎のガスで富士山も見えません
金時1

金時地図

金時宿り石の前で
金時2

もうすぐ頂上です  雪はまったくなく、コースの泥濘もありません
金時3

乙女峠の展望台
晴れれば真正面の”富士山”が綺麗なのですが・・・
残念です
金時4

丸岳頂上で
金時5

キリマンジャロ

キリマンジャロ(5,895m) 登頂

キリマン地図①

キリマン地図④


5日目が登頂日で、ギボハット(4703m)を深夜23:00に出発し、山頂(5895m)着6:10でした。
5500mを越える辺りから酸素が薄いのを実感し、高山病にならないよう必死で呼吸ながら歩きました。
下山後、ギボハットで仮眠して、この日の宿泊地ホロンボハット(3720m)に到着したのは14:20
長い一日でした。

ウフルピーク山頂
キリマン5

初日は登山ゲート(1820m)から、宿泊地マンダラハット(2730m)まで、樹林帯を約5時間歩きました。
登山ゲートで許可手続き
キリマン1

2日目はこの日の宿泊地ホロンボハット(3720m)まで、草原の中を約6時間歩きました。
ホロンボハットに到着
キリマン2
3日目は高度順応のため停滞日で、近くのゼブラロック(4150m)まで散歩。
ゼブラロック
キリマン3


4日目は最終宿泊地ギボハット(4703m)まで、砂礫の道を約6時間歩きました。
キリマンジャロをバックに、かなり寒くなってきましたね
キリマン4

6日目が下山日で、3720mから登山ゲート(1820m)まで約5時間半歩きました。
メンバー全員で記念撮影、ガイド2名・コック1名・ウェイター1名・ポーター5名
キリマン7

個人山行(滝子山

滝子山(1,610m)
甲州アルプス最南端の秀峰
2月22日(木)

コース 静岡⇒R52⇒六合IC⇒勝沼IC⇒R20⇒笹子桜公園P→
     峰ノ山(911m)→寂惝尾根→滝子山→鎮西ガ池→ズミ沢
     →曲沢分岐→道証地蔵→桜公園P⇒静岡

終日小雪舞う、曇よりした天気でした。
寂惝(じゃくしょう)尾根を辿りましたが、道標もなく赤ペンキ程度で
あまり歩かれていない様子でした。
尾根上部に岩稜帯があり、アイゼンを付けたが凍結しており
緊張を強いられる場面もありました。
下りは広い尾根で、ズミ沢に出ればずっと沢沿いのコースに
なります。 本日出会った登山者はゼロでした!

滝子山山頂(1,610m)滝子山1

一般的には笹子駅⇔滝子山⇔初狩駅というコースがノーマルルートです
滝子山6

寂惝尾根
滝子山2

”続きを読む” をクリックしてください
あと4枚の写真をUPしています

続きを読む»

プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: