個人(櫛形山

櫛形山(2,052m)
7月16日(日)  会員2名

池の茶屋登山口→北岳展望デッキ→アヤメ平→裸山山頂
→櫛形山山頂→池の茶屋登山口P

アヤメ平では、シカ除け柵のなかのアヤメ群生を鑑賞できました
曇っていましたが、北岳、農鳥岳が少しだけのぞけました

櫛形①

櫛形②

櫛形③
スポンサーサイト

南アルプス開山式

「南アルプス山開き」
7月16日(日)11~12時

例年とおり、16日に好天のなか山開きの式典が催されました
3連休の中日とあって、駐車の車が多く、例年の慰霊碑前で
なく、ダムを渡る手前のスペースにて式典が行われました。。
市岳連から16名が、9時に集合して設営のお手伝いをしました

安全祈祷
開山式②

井川小・中生のホルン吹奏
開山式①

祭壇を組み立てています
開山式③

大峰山

1週間に10日雨が降ると言われる「大峰
山系」
。 でも「オオヤマ・レンゲ」に会いに行きました

7月9日~10日

大峰⑦
1928年に国の天然記念物に指定。 紀伊半島の最高峰「八経ケ岳
1,914m」に向かい合う「弥山」との鞍部に梅雨の時期を選んで咲く”オオヤマレンゲ”(モクレン科)が自生しています。

大峰⑤
花の寿命は短く、4~5日で散ってしまいます

大峰⑧
樹高は1~3m程度です
大峰⑨
素晴らしい芳香と、無垢の美しさで”天女花”と言い伝えられています。

大峰④
絶滅危惧種の指定を受け、シカの食害対策として
防護ネットが設置されています。

個人山行(杣添尾根

杣添尾根から赤岳(八ケ岳)へ
7月6日(木)

梅雨前線が下がり、晴れ間が広がりました。
という訳で、急遽、花の多い「八ケ岳」に
杣添尾根から登ることとなり、日帰りしました。

「赤岳天望荘」の向こうに、赤岳
ガスが上がったり切れたりと、見え隠れします
杣添⑥

ツクモグサ」 本州では白馬岳と八ケ岳でしか見る事が出来ない。
少し時期が遅かったのでしょうか、稜線の岩陰にひっそりと
1株だけ咲いていました
杣添⑨ツクモグサ

杣添尾根も森林限界を越えて、もうすぐで横岳「三叉峰2,825m」です
杣添⑤

赤岳主峰への登りです。 鎖が続きます。
杣添⑦

下の”続きを読む”をクリックして下さい
約10枚の写真をUPしています

続きを読む»

7月月例山行(大杉谷へ

大杉谷(南紀)へ
7月1日(土)~2日(日)  会員5名
コース:
 7/1  静岡⇒大杉谷登山口→シシ淵→桃の木山荘(泊)
 7/2  桃の木山荘⇔光滝  →大杉谷登山口⇒静岡

雨を覚悟していたが、薄日がさす登山日和でした。
1日目は小屋まで水平距離6.2km、標高差190mしかないが、
高巻きを何度も繰り返し、また雨上がりの高温多湿で、
思ったより体力を消耗し時間が掛かった。

エメラルド色の猪ケ淵の向こうにニコニコ滝が見え、大杉谷一番の
景勝地。 ヒルは評判とおり多く、塩水や消毒用アルコールを噴霧
して防御。

2日目は、光滝まで行ったが、帰路も長いので、ここで引き返す。

大杉谷①
大杉谷②
大杉谷③


6月度月例山行

六甲山 931m
(6月度月例山行)
6月17日(土)~18日(日)

静岡からは、なかなか(わざわざ)行かない山・・・・
総員21名でしたが、全員六甲は初めての登山です。
ハイキングでしたが、最初で最後でしょうか!!

梅雨の中休みで、ラッキーなことに2日間とも好天に恵まれました。
7/17(土)静岡6:00発(マイクロバス)⇒12:00芦屋高座の滝P→
風吹岩→雨ケ峠→七曲り→一軒茶屋⇔六甲最高峰
⇒六甲山荘(泊)
7/18(日)六甲山荘(バス)8:30⇒一軒茶屋→有馬温泉→金の湯⇒静岡17:00


六甲山最高峰(931m) 一等三角点があり、北側の眺望は良いです
六甲⑧

ロックガーデン中央稜を登ります
六甲④

風吹岩周辺です(大阪湾~大阪平野が見渡せます)
六甲⑮


続きを読む»

パトロール(山伏

みどりの道パトロール
6月11日(日)
 会員9名
①往路
  今秋10/28~29スポーツフェスティバルのコース整備
   西日影沢出合→牛首ノ頭→百畳平→山伏

②復路
  山伏みどりの道パトロール
   山伏→西日影沢
山伏(地図)

山伏山頂(2013m)   今日はロングコースで写真撮影のみで下山
山伏②-1

林道から尾根へ取り付きますが、ルートが不鮮明
な為赤テープを付けます
山伏②-9

枯れ木、倒木が多く横たわっています
山伏し②-3

林道からの登り口にステップを造っています
山伏し②-5


山伏②-2

西日影沢下降ルート
 蓬峠直下の崩壊箇所に昨年トラバース道を造りましたが
 しっかり踏み固められており、土砂留の杭も打たれてました
ロープの強度も確認しています
山伏②-6

個人山行(立山)

奥大日岳、立山
6月1日~3日

今年の残雪はとっても多いです。
観光スポットの「雪の大谷」壁の高さは、なんと14m
5月連休の頃と変わりません。

3日間の天気は生憎、低気圧の通過で
特に6/2は終日吹雪き、まったく動けない状況でした。

6/3も天気は午前中しか持たず、午後からは視界なく横殴りの
雪でした
ちょうどその頃、立山連峰獅子岳に小型機が墜落しています。

3日目にやっと剱岳が拝めました
立山⑤

一昨日6/1は霧と風で途中までしか行けなかった
奥大日岳(2,606m)です
立山⑥

昨日6/2の終日悪天の後、快晴の朝を迎えました
トレースの無い雪原を一乗越に向かいます
立山⑦

一乗越より北アルプス南部を望む
槍ケ岳、穂高連峰も見えます。 
ここまで上がると風も強く、冬山の世界に一変します
立山⑫

続いて写真をUPしています
下の”続きを読む”をクリックして下さい

続きを読む»

個人(堂津岳

堂津岳(1,926m)
奥裾花渓谷、秘境の奥山
5月25日(日)

前夜に、奥裾花自然園Pにテント泊し、堂津岳に登りました
5:15出発→10:45堂津岳→15:15戻る

花の名前
水芭蕉、 ツバメオモト、サンカヨウ、ヒメイチゲ、キクザキイチゲ、
カタクリ、ニリンソウ、エンレイソウ、シラネアオイ、
ヤマシャクヤク、そして ブナの新緑がまぶしかったです。

奥裾花自然園の登山口から
堂津4

稜線にはまだ雪が残っていました
堂津1

カタクリの花
堂津3

堂津2

みどりの道パトロール(日本平

「みどりの道」パトロール
H29年度-日本平①
5月25日(木)  会員5名

天気予報では午前中の雨を覚悟していましたが、1時間ほどで
雨はあがり陽も射してきました。
登山道脇の雑草が少し繁茂している程度で、草刈を行い、
危険個所に赤テープをつけました。

今年度、「日本平コース」のパトロールは
5月、10月の2回計画しています
日本平ちづ

シダが結構伸びて道を覆い始めていました
日本平1

丁寧に脇の雑草も刈ります
日本平2

頭上注意を喚起する「赤テープ」を付けました
日本平3
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

fc2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: