個人(平ケ岳)

平ケ岳 2,141m 利根川源流の最高峰
6月17日(日)~18日(月)

  静岡⇒東名・圏央・上越小出IC⇒奥只見シルバーライン⇒
   平ケ岳登山口P⇔下台倉山⇔台倉山⇔池ノ岳⇔平ケ岳

往復 21.4Kmというアプローチの長さでは「百名山」のなかでも
引けを取らない、また、変化のある「山らしい山」でした。
数か所にロープが張られた岩の細尾根、所々に木道が敷かれた
樹林帯、広大な湿原が広がる山頂部。
雪解けが早く、多くの高山植物にも出会えました。

池ノ岳の湿原(木道)から、平ケ岳に向かいます
平ケ岳7

平ケ岳登山口」(鷹の巣) 車は10台程度駐車可 バイオトイレも設置されています
平ケ岳1

下台倉山への痩せ尾根です 滑りやすいので慎重に通過
平ケ岳2

ロープも数か所掛けられており、痩せ尾根の岩場が続きます
平ケ岳3

下台倉山(1,604m) ここからはいくつかのコブを越え樹林帯を歩きます
平ケ岳4

ぬかるみ道も多いが、木道が敷かれており歩き易いです
平ケ岳5

平ケ岳山頂台地より ”越後駒ケ岳” を望む
平ケ岳6

続いて、平ケ岳に咲く花々の写真を
7枚掲載しています。
下の「続きを読む」をクリックして下さい

続きを読む»

スポンサーサイト

個人(動山

動山 604m 小松市近郊の人気の山
6月17日(日)

小松⇒大杉下町 白山神社前P →動山登山口→ ロックガーデン
  → 山頂→ 青年の家分岐 → 大杉中町バス停→ 白山神社前P


動山の山麓は小松市の野外活動施設があり、登山道の整備状態
も良くミズナラの林やロックガーデンなど魅力が沢山ありました。

山頂は樹木が生い茂り、展望は今一つでしたが、木々の間から見え
る、残雪の白山と青空がマッチしていて、とても美しく感無量でした。

残雪の白山
 動岳2

下山路から見える 動山(ゆるぎやま)
動岳1
   

パトロール「日本平コース」

「みどりの道」パトロール
日本平コース  平澤寺~日本平山頂
6月14日(木)  会員5名

ほど良い曇り空で、爽やかな天候でした
昨年10月以来のパトロールでしたが、
思ったより草も伸びておらず、枝払いも少なかったです

日本平1

日本平2

行先名を書き入れました
日本平3


日本平4

パトロール(山伏2018.6.10

みどりの道  パトロール
山伏(2014m)  西日影沢コース
6月10日(日)    会員11名

台風の接近で梅雨前線が刺激され、11時頃から雨の予報で
したが、決行しました。
頂上までの数か所にロープが設置されているが、老朽化
(コケの付着など)しているロープもあり、今年度の重点作業
としてロープの掛け替えを行うことにした。

本日は2手に分かれ、4名が頂上まで赤布、倒木等のチェック
7名がロープの掛け替え作業を行いました。

山伏頂上は霧雨で視界なし  早々に下山しました
パト⑦

昨秋掛けられた仮設の板ですが、安倍奥唯一の三百名山登山口でも
あり、早く本格的な橋を設置して貰えるよう静岡市に要望いたします
パト①

上部の大木にロープを掛け、支点をとる作業をしています
パト②

古くなったロープを外し、新しいトラロープに掛け替えています
パト③

倒木の邪魔になる枝を払っています
パト④

頂上組は、色褪せた赤布を取り替えています
パト⑥

月例山行(2018.6

山伏峠~鉄砲木の頭(1,291m) 山中湖水系
6月3日(日)  会員11名

山伏峠~大棚の頭~高指山~切通峠~ 
     鉄砲木の頭~パノラマ台強調文

車を登山口、下山口の2ケ所に置き、回送しました
当日は天気に恵まれ、富士山が良く見えました

高指山山頂にて
月例②

高指山から切通峠の中間あたりの気持ちがいい稜線歩き
月例①

鉄砲木の頭手前のなだらかな登り
月例③

鉄砲木の頭 回りの眺望が素晴らしかった
月例④

群生のサンショウバラは終わりに近い状態でした
月例⑤


個人(雨飾山

雨飾山 1,963m
深田久弥が愛した「二つ耳」の山
5月31日(木)~6月1日(金)
安曇野IC⇔R148⇔小谷温泉⇔雨飾山登山口⇔荒菅沢⇔笹平⇒雨飾山頂

高気圧が張出し、晴れを期待したが、新潟県南部のみ
午前中は小雨。  頂上までは生憎の小雨混じりのガスの中

例年より雪が少ないとか・・  荒菅沢手前より積雪があり、沢の
トラバースは軽アイゼンを付ける。
下山時にやっと青空が出はじめ、頚城山塊の金山~妙高山が
姿を現わす。 残念ながら後立山は見えず・・・
振り返ると、布団菱の岩壁に鎧われた頂上部は素晴らしい
雨飾地図

笹平より 雨飾山頂部
雨飾⑧

笹平から少し下り、”布団菱岸壁”を望む
雨飾⑩

”シラネアオイ”が満開でした
雨飾④

荒菅沢雪渓から仰ぎ見る頂上
雨飾⑫

続いて、約15枚の写真を掲載しています
下の”続きを読む”をクリックしてください




続きを読む»

個人(富士写ケ岳山

富士写ヶ岳山 942m
6月2日(土)
小松⇒我谷ダムP →我谷登山口→ 吊橋→富士写ヶ岳山→
   前山 → 枯淵登山口⇒小松市内

深田久弥氏(加賀市出身)ゆかりの 富士写ヶ岳に登山しました。
この山の魅力はシャクナゲ群生とブナやミズナラ林です。
シャクナゲの花の時期は終わっていましたが歩きやすい登山道でした。
一等三角点や方位盤があり、白山や南加賀の山々、福井や加賀の
平野部、日本海が一望でき、眺望は抜群でした。

富士写ヶ岳 山頂
富士写1

我谷ダムより望む 富士写ヶ岳
富士写2


個人(守屋山

守屋山 1,650m
南アルプスの最北端に位置する”花の百名山”
5月31日(木)

諏訪IC⇒杖突峠(登山口)→分岐→東峰⇔守屋山(西峰)
             →前岳→立石→立石口→杖突峠(登山口)

残念ながら”ザゼンソウ”は時期的に遅く、”クリンソウ”が満開で
した。 登山道は良く整備され、標識もしっかり付いていた。
頂上は広い草原で、南ア、中央ア、御嶽山と北ア、眼下は諏訪湖
と見晴らしは素晴らしかったです
多くの高山植物がシカ柵の中で保護されています

花の百名山、南ア最北端、一等三角点
守屋⑤

後ろは、蓼科山です
守屋⑥

”クリンソウ”の群生地があります
守屋①

”ハクサンコザクラ”
守屋③

木漏れ日射す、赤井沢源流の道
守屋⑩

左から、甲斐駒、北岳、仙丈
守屋⑦

頂上の草地で保護されています
守屋②

”ミヤマオダマキ”
守屋④

”ヤマツツジ”
守屋⑧

”ヒオウギアヤメ”
守屋⑨





月例山行(5月)

愛鷹山系 (越前岳~黒岳)
5月27日(日) 
十里木P→越前岳→分岐→黒岳→山神社P

十里木、山神社Pに各々車を置き、回送しました。 
アシタカツツジは所々では満開の花も見れたが開花が早く、
落花が激しかった。黒岳まで進み、そこで昼食とした。
黒岳では絶滅危惧種のサンショウバラの5m位の樹木に美しい
花が多く咲いていて皆喜んだ。

頂上では雲がかかり、富士山が望めず
愛鷹②

越前岳登り途中の展望台にて
愛鷹①

越前岳~黒岳稜線では、”アシタカツツジ”が咲き誇っていました
愛鷹⑤

愛鷹⑧

黒岳への登り
愛鷹⑦

黒岳山頂で咲くサンショウバラ
愛鷹⑨

個人(竜爪山)

「竜爪山」  トレーニング山行に行ってきました。
5月20日(日)

天候も良く、絶好の登山日和でした。
山頂は、ゆららのイベント登山講座のパーティや多くの登山者で
賑わっていました。

ゆららの登山講座講師の望月将悟さん&OB会員と一緒に
竜爪1

賑わう山頂風景
竜爪2
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「こまくさ会」へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
fc2カウンター