個人(硫黄岳

硫黄岳 2,760m (八ケ岳)
7月9日(月)
 
静岡IC⇔須玉IC⇔R141⇔本沢温泉登山口⇔本沢温泉⇔夏沢峠⇔硫黄岳

1週間ぶりで天気が回復したので、明るい山に出掛けた。
夏沢峠からは、ガスが掛かり、頂上ではまったく展望なし
時間切れの為、横岳までは足を伸ばせず、花はあまり咲いていませんでした。
帰途、近くの稲子湯に寄り汗を流しました。  源泉秘境の湯で貸切りでした

※登山口駐車場→ゲートの途中で前輪が空転し動けない車が
 あり、標識にも4駆以外は進入禁止とありましたが・・・
  修理工場に連絡し、牽引してもらい脱出できたようです 

硫黄岳頂上ですが、生憎視界はなしです
硫黄⑩

登山口の駐車場 ここまで道路は舗装されています
ここからは4WD車のみ進入できます
硫黄②

約1時間林道を歩き、4WDはこのゲートまでです
硫黄③

”ウチョウラン” 林道の傾斜地にひっそりと咲いていました
硫黄⑥

本沢温泉の少し手前に、”クリンソウ”の群生地があります
硫黄⑤

本沢温泉、平日のためひっそりしています
硫黄⑦

夏沢峠、山小屋はまだ営業していません
硫黄⑧

硫黄岳の登りから、夏沢峠を見下ろす
硫黄⑨
 
スポンサーサイト

月例山行(7月)

西岳 2,398m  ~編笠山 2,524m
7月1日(日)    会員12名
富士見P-西岳―編笠山-富士見P

緩やかに登り始めて、不動清水を越えると急登になる
編笠山は巨岩帯の登り下りでした。

クリン草もみられ、小さい高山植物が色とりどりに咲いていました。
2000mあたりではアブの猛攻撃を受けました。
不動清水・乙女の水は美味しかった。   雲がかかり、時折権現岳
赤岳が姿を現わすが、 期待していた北中央・南アルプスの全景が
見られなかったのは残念でした。

西岳頂上にて
西岳①

車はこのゲート50m手前の駐車場に置きます
西岳②

富士見高原 西岳への登山口
西岳④

”クリンソウ”はそろそろ終わりを迎えています
西岳⑤

ダラダラした登りが続きますが
頂上まで、”アブ”の攻撃に遭いました
この時期、肌の露出は避け、スプレー、ネットなども必要です
西岳⑥

権現岳です
西岳⑨

青年小屋から編笠山への登り
西岳⑩

西岳11

個人山行(鈴ケ岳

鈴ヶ岳
1,175m
6月25日(月)


小松市内⇔大杉谷川源流登山口P⇔ヌギ谷原⇔鈴ヶ岳 山頂
  所要時間 約 6 時間

小松市の山間部、大杉本町から林道鈴ヶ岳線の終点、
大杉谷川源流登山口から鈴ヶ岳を往復登山しました。

登山口より涼しい沢沿いの登山道を進み、湿地帯のヌギ谷原を抜け
ると自然環境保全地域のブナ林の中を通る気持ちの良い登山道
でしたが、なかなかの急登で登りごたえがありました。

鈴ヶ岳頂上からは白山を,]別山、三ノ峰などの山々が一望できる
はずでしたが、霞みがかかっていて、やっと確認できる程度でした。
この日は梅雨の晴れ間で気温も高く、山頂付近は沢山の蝶々や
トンボが飛び交い、とても癒された時間を過ごすことができました。

鈴ヶ岳の頂上
鈴ケ②

ヌギ谷原にある出作り小屋
鈴ケ①


個人(会津駒ケ岳)

会津駒ケ岳 2,133m  奥会津の名山
6月19日(火)
  桧枝岐⇔林道登山口⇔水場⇔駒ノ小屋⇔会津駒ケ岳
      ⇒R352・121・400⇒西那須野塩原IC⇒東北・圏央⇒静岡

下山後、帰静する為、山頂までのピストンとしました
登山道は非常に良く整備されており地元(桧枝岐)の方々の
山への愛着が伝わってきます。
広葉樹林帯の急坂を550m登ると道半ばの水場に着く。 
さらに1時間半で駒の小屋に着くが、手前から湿原には
多くの残雪が残っており、残念ながらお花はこれから
頂上からは、間近に尾瀬の山、越後三山、南に日光白根、男体、
女峰山と展望は素晴らしい。

会津駒地図

会津駒ケ岳の頂上部  登山道には残雪があり木道は隠れています
会津駒4


2m以上のりっぱな山頂標識です
百名山で村の名前が記されているのはこの山だけでしょう
会津駒1

南には群馬県、栃木県の山々が一望できます
会津駒2

尾瀬の山々が間近に見えます
会津駒15


会津駒ノ小屋へ向かう木道です
雪が消えたばかりで、残念ながらお花はまだでした
会津駒3

山頂への道には雪がたっぷり残っていました
会津駒5


続いて約10枚の写真を掲載しています
下の ”続きを読む” をクリックして下さい


 


続きを読む»

個人山行(南木曽岳

南木曽岳 1,677m
6月17日(日)

尾越バス停ー避難小屋ー登山口ー(登り専用登山道)ー南木曽岳
ー摩利支天ー(下り専用登山道)ー登山口ー避難小屋ー尾越バス停


この日の長野県は快晴
登山口前の避難小屋までは舗装路、 登山道は一方通行になって
おり、登り専用登山道へ、頂上近くまでハシゴの連続、 避難小屋
から1時間半で南木曽岳の山頂に到着。  下り専用の登山道へ
向かうとクマザサだらけになり、避難小屋あたりからは展望がひらけ
てきました。少し歩くと摩利支天の山頂へ。 
途中から鎖場や長い階段やハシゴがあり気が抜けない状況
登山口からは砂利道を通り、避難小屋へ到着

麓の避難小屋です 尾越バス停から1時間近く歩くと到着しました
南木曽①

南木曽岳の登山口です 一方通行なので、左側の道を歩いていきます
南木曽②

南木曽岳頂上です 三角点も横にあります
この場所はあまり展望が良くありません
南木曽③

頂上近くの避難小屋です
この辺りから展望が良くなり、辺りはクマザサだらけです
南木曽④

摩利支天の頂上ですが、標識はありませんでした
南木曽⑤

下山後に立ち寄った”あららぎ温泉”です
南木曽⑥






個人(平ケ岳)

平ケ岳 2,141m 利根川源流の最高峰
6月17日(日)~18日(月)

  静岡⇒東名・圏央・上越小出IC⇒奥只見シルバーライン⇒
   平ケ岳登山口P⇔下台倉山⇔台倉山⇔池ノ岳⇔平ケ岳

往復 21.4Kmというアプローチの長さでは「百名山」のなかでも
引けを取らない、また、変化のある「山らしい山」でした。
数か所にロープが張られた岩の細尾根、所々に木道が敷かれた
樹林帯、広大な湿原が広がる山頂部。
雪解けが早く、多くの高山植物にも出会えました。

池ノ岳の湿原(木道)から、平ケ岳に向かいます
平ケ岳7

平ケ岳登山口」(鷹の巣) 車は10台程度駐車可 バイオトイレも設置されています
平ケ岳1

下台倉山への痩せ尾根です 滑りやすいので慎重に通過
平ケ岳2

ロープも数か所掛けられており、痩せ尾根の岩場が続きます
平ケ岳3

下台倉山(1,604m) ここからはいくつかのコブを越え樹林帯を歩きます
平ケ岳4

ぬかるみ道も多いが、木道が敷かれており歩き易いです
平ケ岳5

平ケ岳山頂台地より ”越後駒ケ岳” を望む
平ケ岳6

続いて、平ケ岳に咲く花々の写真を
7枚掲載しています。
下の「続きを読む」をクリックして下さい

続きを読む»

個人(動山

動山 604m 小松市近郊の人気の山
6月17日(日)

小松⇒大杉下町 白山神社前P →動山登山口→ ロックガーデン
  → 山頂→ 青年の家分岐 → 大杉中町バス停→ 白山神社前P


動山の山麓は小松市の野外活動施設があり、登山道の整備状態
も良くミズナラの林やロックガーデンなど魅力が沢山ありました。

山頂は樹木が生い茂り、展望は今一つでしたが、木々の間から見え
る、残雪の白山と青空がマッチしていて、とても美しく感無量でした。

残雪の白山
 動岳2

下山路から見える 動山(ゆるぎやま)
動岳1
   
プロフィール

こまくさ003

Author:こまくさ003
[静岡こまくさ会]の旗

静岡こまくさ会公認ブログ
会員数 30名
南アルプス、深南部、安倍奥をホームグランドとして、四季を通じオールラウンドに山行をおこなっています。

新人会員募集中
一緒に山に登りませんか!! 詳しくは、当ブログのカテゴリ 「会員募集案内」欄をご覧ください。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「こまくさ会」へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
fc2カウンター